医療関係の仕事がしたい|理学療法士は夜間部もある|働きながら学べるチャンス

理学療法士は夜間部もある|働きながら学べるチャンス

医療関係の仕事がしたい

医者と看護師

専門性が高く人の役に立つ仕事がしたいと、医療系の資格取得を目指す人が増えています。しかし資格を取得する前に、どのような仕事がしたいかを決めて目指すことが大切です。また注意点として、医療系の資格は難易度が高いため自分の学力を見極めて選択する必要があります。医療系の資格で最も難易度が高いのは、当然医師です。医学部で6年以上医学系の過程を勉強して卒業することが受験条件で、かなりハードルは高いです。次に難易度が高いのは薬剤師です。これも薬学部で4年以上勉強して卒業することが受験条件で、医師同様ハードルは高いです。もう少しハードルが低いのは看護師です。准看護師ならば働きながら看護学校で勉強して資格取得も可能で収入も安定しています。

先に紹介した3つが医療系の資格がメインですが、それ以外にも比較的難易度の低い資格はあります。妊娠をサポートする助産師や、企業や学校で従業員や生徒の健康増進のお手伝いをする保健師、救急車に同乗し救命処置をする救急救命士もあります。また医師の指導の下検査を行う臨床検査技師や放射線技師、手術の時に使用する医療機器の操作を行う臨床工学技士といった資格もあります。どの資格にも共通するのは人の命を預かる大切な仕事で専門性が高いことです。これらの職種は全て資格が必要で医師や看護師同様大学か専門学校で専門知識を身につけて所定の過程を修了することが、受験の条件です。その後試験に合格して取得し医療系の仕事に就くことができます。自分は何が向いていて、どれが取得可能かよく考えて目指しましょう。