東洋医学の治療法|理学療法士は夜間部もある|働きながら学べるチャンス

理学療法士は夜間部もある|働きながら学べるチャンス

東洋医学の治療法

鍼灸

日本古来からの治療法

鍼灸マッサージは、日本でも東洋医学として古くから親しまれてきました。身体にあるツボを、特殊な鍼(はり)やヨモギの葉を乾燥させた灸を熱することによって刺激して、血行の流れを浴する治療法です。鍼灸マッサージは、病気そのものを治療するのではなく、治療によって免疫力や自然治癒力を高めることが目的なのです。どのような病気にも効くということではなく、人間の持っている自然の力を最大限に利用するということから様々な病気に効果があると言われているのです。鍼灸マッサージは、持病があり薬を服用している人でも併用して治療が可能です。また、急激に体調を変化させるわけではなく、緩やかに体質を変えていく治療のために、体への負担が軽いというメリットがあります。

治療の根拠を示せるか

鍼灸マッサージを行うには、国家資格が必要です。国家資格も、鍼・灸・あん摩と3種類のものがあり、それぞれに資格が必要となります。治療院を将来開院しようと考えている場合には、どのような治療をしていくのかをきちんと想像できているといいといえるのです。そうすると必要な勉強をすることができます。一般的なクリニックと同じように利用者は鍼灸マッサージを利用するので、この資格をとったり勉強をしていく際には効果のある治療ができるように、体の仕組みや構造を理解していくことが大事です。このとき更に必要になるのが、鍼灸マッサージをはじめとする東洋医学は、物理療法の一つであり、医師が行う治療とは異なるものという意識です。東洋医学だから何にでも効くというようなあいまいな根拠に基づいた治療ではなく、きちんと症状や原因を理解して、それに合わせた治療が求められていることを理解しましょう。根拠をしっかりと示せるように、スクールに通いながら確かな知識と実技を身に付けていくことになります。